ドケルバン病

● ドケルバン病って何?


1895年にスイスの外科医、ドケルバン先生が最初に報告した
親指を動かす腱とその腱鞘でおこる親指の付け根で起こる腱鞘炎の一種です。

 

親指を広げると手首の親指側に腱が張って2本の線が浮かび上がります。

ドケルバン病はその2本の線である『短母指伸筋腱』と『長母指外転筋』が手首の甲側にある『手背第一コンパートメント』を通るところに生じます。

 

腱に炎症が起こった状態では、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、親指の付け根が痛み、腫れます。指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い痛みが走ります。

 

 

注:短母指伸筋腱は親指の第2関節を伸ばす働きをする腱です。
長母指外転筋腱は主に親指を広げる働きをする腱です。

 

 

原因

女性ホルモンが深く関わっているため、妊娠出産期の女性や更年期の女性に多いです。

また、手や指を良く使う仕事の人にも多くみられます。

 

親指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘や腱が腫れたり、腱の表面に小さな傷が入り炎症を起こすと考えられています。

 

特に『手背第1コンパートメント』内には、上記の2種類の腱を分けて通過させる壁が存在するため、他の指よりも発症しやすいと言われています。

 

整形外科では何をしてくれる?

基本的には局所の安静(固定も含む)、投薬、腱鞘内ステロイド注射などの保存的療法を行います。

改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を開く手術(腱鞘切開)を行います。

 

桜川整骨院のドケルバン病治療とは

・グアシャ

分厚く肥厚した腱鞘は『リモデリング(作り替え)』を起こす必要があります。

ドケルバン病では腱鞘のトンネルを腱が通過した際に症状が起こるものなので
腱鞘を作り替えて正常に持って行くことは絶対に必要な作業になります。

グアシャを行うことで組織の材料になる線維芽細胞を集め、腱鞘や腱を健康な状態に近づけます。

 

・アキュートストレッチ

acute(=鋭い)と言う名の通り、原因に鋭くアプローチするストレッチ法です。

筋肉を一つずつ的確に狙ってストレッチを行い劇的に症状を改善します。

痛みは親指の付け根ですが腕の真ん中まで伸びている二つの筋肉全体の
柔軟性改善を狙います。

 

さらに早く治したい方へ!プラスワン施術

・超音波治療器

1秒間に100万回(1MHz)/300万回(3MHz)の振動を与え、手技によるマッサージの数倍の圧力を、深部に直接与えることが出来ます。

筋肉だけでなく関節包、腱、靭帯まで浸透し、痛みで緊張・短縮した組織を柔らかく伸ばす作用があります。

振動の作用で神経伝達に変化を起こして痛みを感じにくくする効果があり、炎症の改善作用も期待できます。

 

 

慢性痛の場合、日常の悪いクセや負担が長期間蓄積して起こります。

つまり、原因は根深く、また、ご自身の中にも存在する場合が多いです。

治療と同時に日常生活の改善などもお手伝いさせていただきます!